M&Y

アクセスカウンタ

zoom RSS 上質な傷 (心に残る言葉)

<<   作成日時 : 2008/05/21 08:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

知っていてほしい。
「失恋」というのは
今のあなたを変える
上質な傷であるということを。


   森 瑤子 (作家)

〜失恋をしたその直後の身のおきどころのないような喪失感。その恐ろしさと痛み。
それを体験してみて初めて、他人の痛みや傷が理解できる。〜のだという。

森 瑤子の本を、むさぼるように読み続けた時期があった。
小説もそうだが特にエッセイからは、たくさんのことを学んだ気がする。
人として、そして大人の女として・・・。
今また読み返しても、やはり学ぶことは多いし、
なにより私の心の奥底の、自分ではうまく表現できない感情が、
彼女の本にはちりばめられている。
・・若いあなたには、読んでみてほしい。
いい女になるための、バイブルになると思う。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして・・・・・
[ゆい]さんとお呼びしていいのでしょうか??
前回の「完璧主義者」から、ずっと気になっていて
今朝(会社で^^)またお名前を発見!!
って事でお邪魔させて頂きました。

森瑤子さん・・・・・
彼女が召されたのは52歳の時だったですよね〜
もう何年になるのでしょうか?
訃報を新聞で見た時の衝撃は今でも忘れません。
私も次々と精力的に出版される本を読み呆けて
おりました^^
連城美紀彦さんもお気に入りでした。
今は、篠田節子さん・・・目が離せません。
唯、残念な事に私にはそれらから気付かせられる事は
あっても自分の肉にはならないようです。
学習能力無し・・・・
現実に直面すると、人のささいな言葉で自分が容易に
翻弄され(その自分に嫌悪し)気持ちの居場所が定ま
る事がありません。
また、楽しみに更新を待ってます。
時間があれば、遡ってゆっくりと拝見したいと思います。
ローズウッド
2008/05/21 11:56
ゆうさんでした。ごめんなさい・・・
ローズウッド
2008/05/21 12:00
ローズウッドさん、コメントありがとうございます。
私も、彼女の本は沢山読んだのに・・学ぶことが多いとは思ったのに・・
自分のものになったのかと言うと、疑問符?かもしれません。
ローズウッドさんのように、私も日々人の言葉に振り回され、そんな自分を嫌悪する日々です。この歳(?)になっても、上手に生きられない自分にあきれながら・・。
連城美紀彦さんに、篠田節子さんですね。今まであまり読んだことがありませんでしたが、読んでみますね。
ゆう
2008/05/21 21:18
ゆうさん、おはようございます。
昨日、本屋で柴田よしきさんをチェックしました。
文庫4冊購入して、パラパラとめくっただけですが、
判ります。。!!!!
私、絶対ハマルと思います^^
もし、篠田節子さんをお手にする事があれば、
さしでがましいのですが・・・・
「ゴサインタン 神の座」を是非。。。
昨日、「和楽」が届きました。
この週末は本にどっぷりになりそうです^^
ローズウッド
2008/05/22 07:15
ローズウッドさんへ
篠田節子さん、「ゴサインタン 神の座」ですね。
は〜い、そこから入ってみますね。
ではまたね(^_^)v
ゆう
2008/05/22 14:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
上質な傷 (心に残る言葉) M&Y/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる