アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「失恋」のブログ記事

みんなの「失恋」ブログ

タイトル 日 時
去っていった恋人へ(心に残る言葉)
去っていった恋人へ(心に残る言葉) 愛する人は目の前からいなくなっても、 愛したという事実が変わることはない。 永遠の真実として、私たちの心の奥に刻まれる。 感謝の気持ちを持ってもう一度 愛した人を見つめ直せるようになったとき、 私たちは生まれ変わる。 新しい自分になれるんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/28 19:27
上質な傷 (心に残る言葉)
知っていてほしい。 「失恋」というのは 今のあなたを変える 上質な傷であるということを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/05/21 08:31
覚悟のない恋 (心に残る言葉)
覚悟のない恋は、 結果的に良くないことになる。         マドモアゼル・愛 (西洋占星学者、エッセイスト) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/02/25 18:44
別れの美学? (心に残る言葉)
私は、別れに美学があるとは思わない。 別れというものは本来美しいものではない。 怒り、嫉妬、復讐、悲しみ、絶望といった感情で、 がんじがらめになるのが、別れなのだ。 だから、別れをどうくぐりぬけるかではなくて、 その別れによって、自分がどれだけ人間として推進され、 豊かになれるかということだと思う。 別れにともなうエネルギーを、 マイナスにではなく、プラスの方向に使うことなのだ。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/12/23 13:57
傷を癒す責任は、あなた (心に残る言葉)
心の痛みを消したければ、 別れた相手に頼れないことを自覚しなければならない。 今、自分が苦しいのは、別れた相手の責任ではないのだ。 傷つけたのは、別れた相手かもしれないが、 その傷を癒す責任はあなたのほうにある。 事態がよい方向に変わるかどうかは、 あなたしだいであって、別れた相手ではない。        ジョン・グレイ (心理学博士) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/10/30 10:33
あなたに属するもの (心に残る言葉)
あなたに属するものは、あなたに戻ってくるものなのです。 戻ってこないものは、それほど重要なものではなかったのだ。 このことを、穏やかな気持ちで受け入れよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/23 10:42
手放す勇気 (心に残る言葉)
あきらめを学ぶのは、とても難しいことです。 あきらめは、痛みを伴います。 だからといって、あきらめずに執着すると、 しだいに心は疲れていきます。 たとえ苦しくても、 どちらかを手放す勇気が必要なときもあるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/10/08 17:05
人を大人にする恋 (心に残る言葉)
どこから生まれ、どう育つか、 本人同士にも皆目わからないのが恋である。 また、そのために努力したり、犠牲をはらったりしても、 報われるとは限らないのが恋である。 だからこそ恋はおもしろく、刺激的なのだ。 そのおもしろさを味わうためには、自分を賭けるしかない。 破れた時には手ひどい傷を負うが、 それを治そうとして自分を見つめることが、人を大人にする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/10/05 18:33
ひとつを諦め、またひとつ何かを見つける (心に残る言葉)
人間、諦めも必要な時があるはずです。 かなわないものは、かなわない。どんなに望んでも手に入らない。 そういったことが確かにあるのですから。 だからといって、自分を責めることなんてありません。いいんです。 ひとつを諦めたのであって、すべてを諦めたのではないのだから。 またひとつ、何かを見つければいいだけのことなんだから。 諦めてしまえば楽になれるものを、諦めないばっかりに、 どんどん深みにはまってゆくってこともあるのです。 諦める、というのは、認める、ということだと思います。 結... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/29 18:41
彼女を支えるもの (心に残る言葉)
ー今にみていらっしゃい。 いつか私と別れたことを必ず後悔させてみせるわ。ー この最後の胸の中の呟きが、彼女を支えるのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/27 18:56
あなたの人生にふさわしい愛 (心に残る言葉)
なくなってしまったものは、 最初から自分のものではないと思ってみてはどうでしょう。 あなたに必要なものなら、いつかあなたに返ってくるでしょうから。 たとえば、あなたの人生にふさわしい愛ならば、 ふたたび返ってくるし、そうでなければ返ってこないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2005/09/24 18:00
去る者は追わない (心に残る言葉)
人間関係の基本は、「去る者は追わない」 去る者を追わないというのは、 しつこく引き止めようとしないこと。 去っていく人を悪く言わないこと。 そして、去りそうになっている人を、非難しないこと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2005/09/21 19:01
悲劇のヒロイン (心に残る言葉)
どうしても悲劇のヒロインになりたかったら、 連続ドラマはやめて、 単発ドラマにすることです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/09/13 19:34
別れた後の生き方 (心に残る言葉)
彼と別れた後、自分がどんな女性になるか、 どんないい生き方をしているか、 結局、そこにすべてが集約されるのです。 幸福になること。今、幸福に生きていること。 その時、彼との別れがカッコよかっただろうが修羅場だっただろうが、 未練があろうが、次の恋が見つからないだろうが、 笑って「そんな時もあったわね」と言えるんだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/09/04 16:56
藁をもつかむ思いでつかんだものは、絶対藁だ (心に残る言葉)
苦しみにもがく時、人は必死に何かにすがろうとするものです。 恋に傷ついている時、誰かにすがりつきたくなる気持ち、 わからないではありません。 けれど、そういう時につかむ男はたいていスカです。 いっそのこと溺れてしまいましょう。溺れて自分の力ではい上がる。 両目をぱっちりと開いて。 本物を見つけるのはそれからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/09/02 19:45
別れの傷 (心に残る言葉)
別れがきたとき、心は傷つきます。 けれど、本当は傷ついたのではなく、「削られた」のです。 削られて、磨かれたのだと考えましょう。 人のたましいは宝石の原石のようなもの。 深く傷ついた人は、それだけ強く輝ける人になります。 浅い傷だけで、適当に輝いている人は、 適当にしか光れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/08/29 18:05
頑張らなくてもいいんだよ (心に残る言葉)
頑張りでも必要なのは、何も我慢することだけではない。 愚痴って、泣いて、へこたれて、ボロボロになって、 でも、ちゃんとまた立ち上がれる。 たぶん、必要なのは、そっちの頑張りじゃないかと思います。 もしかしたら、誰も言ってくれないかもしれないので、 私が言ってしまいます。 “これ以上、頑張らなくてもいいんだよ。”  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/08/28 13:12
出会いと別れ (心に残る言葉)
どんなに愛する人とも、別れはいつか必ずやってきます。 人の心は不確かだし、死というものがある以上、 永久に続くものは何もありません。 出会った瞬間から、別れはすでにはじまっています。 本当にいつ何時、どんな別れ方をするのかわからないのが人生です。 だからこそ、出会った人、出会ったものをいかに大切にしていくか、 という心がまえが重要になってくるのです。 自分の目の前に現れたありとあらゆるものには、 出会いと別れが含まれています。 いつもそのことを忘れないでいれば、なにごとにも全力... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/08/26 19:09
愛情から情愛へ (心に残る言葉)
かつて、答えの出ない恋は「終わらせる」という方法しか知りませんでした。 そんな私も、違う選択もあるのだ、ということを知ったような気がします。 会えなくてもいい、言葉を交わせなくてもいい、 その人がちゃんと幸福でいてさえくれたら。 私は他に好きな男も作るでしょう。 毎日、その人のことを考えているわけでもありません。 けれど、私の中にはいつもその人がいるのです。 男と女の関係は、愛情から情愛へと変わってゆく。 それには長い月日が必要でしょう。 それがわかる年齢に、今、やっとなりつつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2005/08/24 18:04
ひとつの恋が終わったとき (心に残る言葉)
ひとつの恋が終わったとき、その苦しみを乗り越えるのは困難です。 でも、その苦しみに真正面から向かい合ったとき、 苦しいけれど、何かが見えてくるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/08/18 18:20
生きるということは (心に残る言葉)
生きるということは、 行動すること。 失恋してもつまずいても、 人間は、行動することによって、 何ものかを得るのですね。        宇野 千代 (作家) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/06 22:21
気が付いたらいる恋人 (心に残る言葉)
恋人は、気が付いたら隣にいるものです。 恋人がほしいときにはまず、 自分には今、時間を忘れるくらい打ち込んでいるものがあるかどうか、 それをチェックしてください。 自分が夢中になれるもの、大好きなものを持っているか、 これが次の恋につながる、と言っても言い過ぎではないくらい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/02 11:45
終わりと始まりはワンセット (心に残る言葉)
ひとつのものをやめないかぎり、新しいものは始まりません。 終わりと始まりは、実はワンセットなのです。 幸福とは、何かを見切ることができたときに、訪れるものではないでしょうか。 寂しいからと、今の関係を続けていけば、 寂しい未来が待っています。        マドモアゼル・愛 (西洋占星学者、エッセイスト) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/27 18:41
心の空洞 (心に残る言葉)
あなたの心が優しければ、優しいほど、 失うことのダメージは大きいかもしれませんが、 そこにポッカリ空いてしまった空洞は、 新しい何かが生まれるために、必要な空洞なのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/25 19:30
好きな人を失ったら・・・ (心に残る言葉)
好きな人を失ったら、悲しみ、泣き、泣き疲れたら、 またそのあなたのままやっていくことです。 あなたを支えてくれる食事や、ありがたい友人や、あたたかな寝床は、 今も変わらずあなたを待ってくれているのですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/20 19:13
失恋の時 (心に残る言葉)
片思いであれ、失恋であれ、してもいいのです。 というより、するべきです。 それは、いつか本当に愛しあえる人とめぐりあい、 幸せになるための試練なのです。 あなたが人を愛したということを後悔する必要なんてありません。 好きになれる人と出会えた。その人を愛せた。こんなに悲しくなるほど愛せた。 それだけでも、自分をほめるべきです。 自分にとって最愛の人の存在を消すことはできません。消す必要もありません。 そして、別の人と出会い、その人と新しい幸せを築いていけばいいのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/17 16:46

トップへ | みんなの「失恋」ブログ

M&Y 失恋のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる